建設現場の生産性を飛躍的に高める

i-Construction

UAV(小型無人航空機)の活用

航空写真測量
航空写真測量にUAVを用いることで、低高度で撮影対象物に近接した写真撮影や計測が行えることから、高精度なデジタルオルソ作成、図面(平面図、縦横断図)作成、土量計測が可能となります。
構造物点検
(今後導入予定)
橋梁の床版下面や高橋脚、法面、ダム等の高所での点検作業は、足場や高所作業車を使用して実施していますが、点検用UAVを用いることで安全かつ効率的な点検作業を行うことが可能となります。
災害調査
災害直後の被災状況・範囲の調査など、人が容易に近づくことが出来ない場合にUAVを用いることで、安全かつ迅速な情報把握が可能となります。また、災害規模のボリューム解析も可能です。
ICT土工 
ICT舗装工
ICT土工・ICT舗装工・i-Bridge等生産性向上となるICTの全面活用工事の
①起工測量 ②3D設計データ ③出来形測量
に活用できます。
動画撮影
UAVに搭載するカメラを選定することで、プロモーション動画をはじめ、プレゼン動画等の高画質な動画を撮影することが可能となります。

3次元地形計測

ICT活用工事での起工測量・出来形測量には、
地上レーザースキャナまたは
UAVにより測量を行います。
3次元地形計測をすることで、設計図面との
差分から、施工量(切土・盛土)を
自動算出できます。
また、3次元設計データにより、ICT建設機械を
自動制御し、建設現場のIoTを実施出来ます。

  1. 撮影(対地)高度25mで地上解像度1㎝、
    位置及び標高5㎝以内(標準偏差)を確保できます。

  2. 3次元オルソ図や3次元地形図(カラー点データ)の
    作成ができます。

地上レーザースキャナでの
起工測量、出来形測量

ICT舗装工の起工測量・出来形測量に対応します。
切削・オーバーレイ調査測量に利用できます。

  1. UAVを用いた地形計測
    UAVを用いた地形計測
  2. 3次元測量点群データの取得
    3次元測量点群データの取得
  1. UAV及び地上LSを用いた地形計測
    UAV及び地上LSを用いた地形計測
  2. 3次元測量点群データの取得
    3次元測量点群データの取得

弊社では、ICT活用工事における
①起工測量の3次元化、
②3次元化設計データの作成、
③3次元出来形管理、
④電子納品まで、
建設現場の生産革命を支援いたします。

パンフレットダウンロード

ご用命、ご質問がありましたら、
i-Con担当:河合までご連絡お願いします。

TOP